Thursday, November 04, 2021

211030王滝とおしどり隠しの滝

 紅葉と滝を見に行く三回目。3連続滝見に行くのは前日にネットでたまたま見かけて雨具とお茶飲み物だけ持って出かけてます。
蓼科から横谷渓谷へ。木戸口神社が趣があってよろしい。神社すぐ脇に乙女滝、江戸時代に治水のために作られた人工の滝と後で知る。登山道、というより川から少し離れた舗装路と、ときどき川まで降りられる凸凹道がある。今回は紅葉が横谷温泉旅館あたりから見られる、人出が少し多い。川床が鉄分の多い石なのか赤くて水が清流な感じがやや弱い。またまた小さい滝いろいろ、正面から足元を迂回して流れるところもあり。苔と巨木で雰囲気良い。王滝は大きな滝を見下ろす展望台、日光が上段だけさしていてつるっと水が滑らか。ベンチで登山おばちゃんがまったりしているので先へ進む。
ここから少し急登、山を巻いて奥へ進む感じ。おしどり隠しの滝にくるといきなり急斜面を下り、人も増える。ここまでゆっくり滝見ながら来たので1時間の行程を2時間かかった。

あらまあこんな綺麗な滝なのね、カメラおじさんが増える。滝の川底が苔で緑、紅葉との対比が日光に映えて美しすぎて気恥ずかしいというか陳腐というか、昭和の「電動で流れて内照はいってる滝の額(モーションフレームというそうな)」思い出してしまった。おしどり隠しの滝には傍の温泉まで車が入れるそうだ。案の定御射鹿池まで車道は渋滞していたようだ。


211023北精進が滝を見に行く

紅葉と滝を見に行く2回目、東日本最大級落差(121m)の精進が滝のことをふとしたことで知ったので見に行った。駐車場は20台くらいは留められるか、尾白川ほど広くないけど。吊り橋を渡り、ふかふかの土と苔が八ヶ岳っぽい。登山道は川沿い、途中に小さい滝があるし、滝の前まで岩を伝って歩いたり、滝の脇や上を橋や梯子で渡っていろんな角度から滝を見るのがアトラクションぽい。1時間ほどで北精進が滝へ。南精進が滝というのが韮崎にあるそうだ。また紅葉には早すぎた、あと2週間くらいか。

 


211009尾白川渓谷-神蛇滝

紅葉と滝を見たい欲。神蛇滝というのが尾白川にあるそうだ。
駐車場はべるがの傍、広い駐車場には黒戸尾根経由で甲斐駒ヶ岳に行く人の車が沢山。一昨年広沢峠から甲斐駒ヶ岳登ったので今回は手近ハイキングで。
尾白川ボルダー、前回は初段くらいのを打ち込んでいる人がいたが今回はスラブわいわいな人達がいた。売店にはやはりトポはなさそう。以前ジオキャッシュに来た甲斐駒ヶ岳神社(仏様やら石碑やら沢山)を通り抜けて吊り橋を渡り、そこそこの勾配を登る。川沿いの道が崩落しているらしく迂回。道は川沿いが多いので小さい滝を見ながら歩くのが楽しい。
1時間かからずに神蛇滝正面に到着。向かい側から見下ろすので小さいが立派。紅葉は3週間後くらいか。売店のおばちゃんの話では紅葉シーズンには混雑するらしい。

 

Monday, September 27, 2021

2021/9/24茅ヶ岳、金が岳ピストン

 韮崎からすぐそばに見える茅ヶ岳は前から登りたかったが標高低めで真夏は暑くて不向きとのことで、このタイミングで登山。シルバーウイークで北アルプスとか大きい山にみんな行くだろうと予想した。日本百名山の深田久弥終焉の地茅ヶ岳は山梨百名山、深田久弥は脳卒中が死因だそうです。

7時頃登山開始、土にこぶし大の石がゴロゴロ。ながーいアプローチ道の傾斜がだんだんきつくなる感じ。水場のある女岩周辺は崩落の危険で立入禁止。途中休憩場所や山小屋もなく、淡々と登っていく。深田久弥終焉の地の石碑も40cmないくらいで意外と小さい。

9:30ごろ1704m富士山南アルプス金峰瑞牆見えました。羽虫めちゃ多い。
つい隣の金ヶ岳ピーク、ついでだし行ってみたら、こりゃ縦走だアップダウンきついし(いったん150mくらい下がって登り返し)看板もあまりないし。唯一の見せ場は岩のトンネルくらいか。細い看板のみの地味なピーク1764m(茅が岳連峰最高峰)。見晴らしは富士山と南アルプスくらいか。
ピストンで茅ヶ岳山頂戻ったら、ファミリー登山者など激混みで休憩もせずに下山開始。尾根道ルートも急勾配下山。予想よりきつかった。実は
ミヤマモジズリという珍しいネジバナが咲いていたシーズンだったらしいが、トリカブトしかわからなかった。

実はジオキャッシングも数か所あります。



Thursday, September 09, 2021

車山高原20210731

今年は土日の天気がいまいちだけど、暑くなりすぎずに歩きやすい。冬にスキーに来ている車山高原は日本百名山霧ヶ峰、こちらにもジオキャッシングがてら山歩き。ほんとはころぼっくるひゅって辺りから歩くのが山歩きだが、今日も午後から天気崩れる予報なので、いきなりスキー場からゴンドラで山頂まで、すみません。意外と人がいる、夏の観光地だった。山頂の観測所や神社も初めて見た。
今回の目的地は南の耳ー北の耳ピストン。タランとした緑の湿原というか丘というか、そこに道が続いている。広いなあ、頂上のある山というより高原という感じで北海道のようだと勝手に思っていた。南の耳に向かうのはメジャーでないので人通りも多くない、気持ちいい。花がいろいろ咲いている、夏の高山植物のシーズンに山登りをあまりしてないので新鮮。いつもは車山高原スキー場に行く、隣のエコーバレースキー場まで歩いたことになる。車山まで戻って夏のスキー場を歩きながら冬の地形を思い出す。最後の駐車場までのダラダラ歩道がショートカットさせてくれないのね、という感じ。
先週に続きファミリー向けのんびり登山というよりハイキングだった。

大菩薩嶺基本コース20210723

中央道から少し外れるので有名なのに(小説は読んでないが)行ってなかった。

上日川峠から大菩薩嶺、大菩薩峠と三角形を描くコース。3時間15分の行程。
午後から雨予報なので9時には登山開始。ぽきペアと共にジオキャッシングしながらだったので5時間くらいかかった?

さすが人気のコース、駐車場にぎりぎり入れた。なるほど穏やかな傾斜、がれてない道。標高は2000そこそこなので涼しくはない。笹や苔、捻じれた根っこの広葉樹など、山にきてるーって感じ。雷岩は枯れて捻じれた樹が特徴的な広場、ここから三角形を外れて大菩薩嶺へ。森林限界を超えてないので道の途中みたいな頂上だったが東京都と接してるのか?

雷岩まで戻り賽の河原はガレてる、このあたりでだんだん天気下り坂。大菩薩峠ではぽつぽつし始めた、お土産やモモが売ってる素敵な山小屋のようだか、ここはお昼を我慢して富士見山荘方向へ。ほんとに険しい道がほぼないファミリー向けの山だなあ。
ロッジ長兵衛でわらび餅仕立てのこんにゃくと山バッジを買う。ここは山梨の他の山のバッジも売っている、入笠山のバッジをマナスル山荘で買ってなかったので購入。

 

Saturday, December 26, 2020

天狗山20201122


 金峰山荘も今年は終了、コロナのおかげで今年は逆に混雑してると聞いてほとんど小川山行かなかったなーということで、カモシカ登山道経由で唐沢の滝を見に行く。上から見たら木々が白い毛がふわふわ生えた動物みたいな冬の小川山風景。滝も一部凍り始めてる?ちょっとボリューム感が無い気がしたが、凍ると分厚くなるのかな。


ナナーズ寄ってカラファテのセールでも見ようかとキャンプ場を出た。車窓から見えるがびがびした山がふと気になりGoogleMapで調べたら御座山?
https://www.yamakei-online.com/yamanavi/yama.php?yama_id=346
川上村役場の駐車場で停めて(道の駅目的だったが閉まっていた)だめもとで村役場に地図でもないかと見に行ったら、たまたま開いていて地図を入手。そこにいたおじさんに”役場の裏にある山の名前”を訊くと【天狗山】だった。となりの男山と縦走するトレランコースとしてそこそこ有名なのかな。
https://www.yamakei-online.com/yamanavi/yama.php?yama_id=18140
村役場の裏の上り坂を上がっていく(12月から冬季閉鎖するらしくラッキーだった)と小海に抜ける峠のところに駐車スペースがあり、思ったより車が停まっている。たまたまいたおじさん(トレランの到着待ちしてた)が場所空けてくれて停められた。いきなり急登で登るとあとは尾根歩きっぽい、落ち葉が滑る。八ヶ岳の山とはちょっと違う、秩父の山らしい麓と近い高度感。両神山を思い出した(あれいつ登ったんだろ2015頃?)
山頂からは金峰山、八ヶ岳、佐久の方向、浅間山、間違えた御座山と見渡せる。
ふと見たらカム持ってヘルメット、クライミング装備なご夫婦が到着してきた。数年前に天狗山ダイレクトというマルチのルートが開拓されたらしい。12ピッチ。
インスタでつながってるmissnakameguroさんも山仲間から天狗山ダイレクトの評判を聞いていた、ううむいつかは触りに行かねばならんのか?
https://essential-line.com/2019/06/02/3427

間違えかけた御座山も二百名山だし気になる。

それにしても飯盛山とか天狗山とか全国にあるんだね。

飯盛山20201128

コロナで自粛気味をキープしつつ、どっかちょこっと山登りしたいなーで、
前日に思い立って行った。

https://yamap.com/mountains/16114
野辺山にあるつるんと丸い山。平沢峠、獅子岩のある駐車場のすぐ裏から登山開始。ずっと尾根歩きのようなナダラカ傾斜、ややぬかるみ気味。冬の斜めに差し込む日の光と薄茶色のススキが美しい。登山というよりハイキング、二人とか子供連れの人たちがちょくちょく来るので地元ハイキングで有名?小一時間で頂上。佐久側には先週登った天狗山が見えるし、八ヶ岳の手前の低い山々が見えて、間に清里とか向こうに韮崎の平野が見えたり、このあたりの地理が見える。復路は平沢山頂上経由。シャトレーゼのスキー場ってこんなレイアウトなのか、野辺山のパラボラの向きが変わった、とか。
駐車場まで戻ってから獅子岩でボルダリングのふりをしてちょっと楽しかった。
遅めのお昼はGoogleMapで見つけたmeganeというパン屋へ。このあたりの清里はヨーロッパの田園風景みたいで、いわゆるバブル廃墟の面影のまったくないおしゃれエリアだった。ヴィンテージなFiatPandaが似合うぜ。サンドイッチも野菜ボリュームたっぷりだが、店内のアラカルトがすごそうなので今度行きたい。






Monday, August 31, 2020

西岳ー編笠山20200829

気温は北杜市でも31度くらいか。

富士見高原から西岳-青年小屋-編笠山日帰り。
青年小屋1泊なら初級者、日帰りは中級者だそうだ。
7時前から登り始め。
西岳はお初、西面の登山道に早朝は東から射し込む光がドラマチック、カンカン照りを歩かずに済む。だらだらとした単調な坂。急登では無い。途中でイタチ?の親子が猛スピードで横切る。
青年小屋への道も苔が綺麗な森。頂上では晴れてゴージャスな雲の間に南アルプスがちら見え、トンボ大発生。蝶とかカミキリムシ、どこから標高2300mに来るのか?
石小屋あたりに素敵なボルダー群発見、というかあれは登ってる人いるのでは?

人混みを避けて水補給をサボったら下山までに水が足りずに筋肉痛酷くなり、行きに通った不動清水に立ち寄ってマジ生き返った、危なかった。夏山はちゃんと水たくさん持参せねば、二人で水筒1本だけは無謀すぎる。気が緩んでいた。















三密を避けて三つ岳20200809

 北八ヶ岳ロープウェイで坪庭ー縞枯山荘ー三つ岳ー北横岳。

霧で見通し無く寒かったし、楽しい123峰頂上あたりは強風で大急ぎで通過。
まあでも山なだけで楽しい。
帰りの蕎麦屋はソーシャルディスタンス対応で学校のように一方向きのレイアウトだった。

(bloggerのバージョンアップ?写真がでかくなってる)




Monday, July 27, 2020

白駒池からにゅう往復20200620

4月の1週までほぼ毎週清里や蓼科でショートスキーをしてクルクル回っていたのですが、
3月あたりからコロナ騒ぎがじわじわと染みてきました。
4月5月はほぼ自宅で自粛、月一回で山梨に来てもドアtoドアで食料も東京から持ち込みで行って、そのまま近所散歩以外は籠ってました。
6月に緊急事態宣言解除して、たまたま合流のお誘いがあったので、リカさんと白駒池で待ち合わせ。無事逢えてよかった。
白駒池は北八ヶ岳の代表的な景色の場所、もののけの森とか。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2415464.html
ほんと苔が綺麗で、自分のスマホでは全然撮れなかった(逆光のような白飛びのような、苔の緑が綺麗に写らない)けど。湖1周40分と言いつつ、ついでににゅうまで歩いてみた。全然きびしくはない、湿原で泥っぽいくらいか。
1時間半ほどでにゅう到着。ここが一番3密だった。雲の切れ間の好天で人が多かった。
茶臼山縞枯山が見えました。ほんとは中山や天狗岳に行ってもよかったが、トレランで美濃戸ー赤岳-麦草峠経由でやってくるイママさんと待ち合わせあるし、にゅうから戻りました。
ほんときれいな所だった、白駒池だけを軽装で散歩してる人も多いし、おしゃれタコライスなんか食べた。

これを書いてるのは7月下旬ですが、また感染者増えてるけど山はぼちぼち行っていいのかな、仙丈ケ岳行きたいな。

  


Wednesday, March 18, 2020

2019/11番外 伊豆大室山

寒くて城ケ崎に行って登ってたら日向ぽかぽかで混んできて急遽午後から大室山へ。
街中に急に丸い山があって、麓はサボテン公園やお土産屋さんやら。
二人掛けリフトで頂上へ。
ピークファインダーによると三つ峠、その向こうに金峰山まで見えた。
麓を見ると普通の暮らしが見下ろせる、みたいな不思議な光景。




2020/1/2 天狗岳周辺


2020初雪山。
渋の湯から高見石、中山、黒百合ヒュッテからトータル6時間で下山。
渋の湯の駐車場は宿のおばさんがしきっていてちゃんと従おう。
実は渋の湯から右ルートなら黒百合平まで直接行けたのだが、
見落として高見石ルートへ大回り。
中山展望台の景色は高見石経由でないと見れない、すごく良かった、
強風で寒かったがどーんと開けていて樹氷がかっこいい。
にゅうの横を通る、にゅうって変な名前だが脇道のちょっと小高いとこなのね。
天狗岳登ると日帰りビミョーかなと判断、黒百合ヒュッテへ。
おおかわいらしい小屋じゃ、カレーにハンバーグ載せた。
かわいい山小屋グッズが初お買い物。
今思えば寒かったー、この冬は寒いなと思っていたがそんなことなかった。