Tuesday, November 03, 2009

湯河原 上部エリア

ようやく天気に恵まれそうだったので。
--
6時前にヨジさんと合流、小田原でそばを頂いて7時半着。あったかーい。
例によって桃源郷でアップしてから初めての上部エリアを目指しました。

トポによると喜望峰の右をまわって「大滝フェース」というのを登って行くらしい。どれ?どこ?という感じで奥へ奥へと。ふと気がつくと「芸者」の横に出る。ん?もっと上だよねーと踏み後(のような)を分け行くと今度は「紅葉前線」へ。んーー。上?ズンズンズルズルと右へ左へ。トポを確認すると枯れ沢のようなマークを発見。確実に行きすぎた模様。
こりゃ分け判らん。いったん下るか
ということで踏み後(かなり怪しげ)を下ったら沢へ。お、フィックス発見。気がつくと「大滝」の上部に出てました。あれーーこれって「帰還兵」のすぐ横じゃんか!ここまでで既に2時間近くロス。でも大滝はまさに大きな滝状態。上がれんかったな、どうせ。
ということでここでようやく本来のルートに復帰。まもなくサンバリーに到着。長かったです。フィックスで降りて岩場確認。意外と狭いのね。でも見晴らし上々、陽当たりも最高。手頃なところで「ミ・アモーレ 5.10c」。





















結論的にはY&YコンビはOSならず。行けそうかなーって感じあったんだけどなー。まあ最終的にはRPしたけど。でも確かに楽しい課題です。★★★。Nもトップロープで騒ぎながら一応トップアウト。がんがれ。

















既に陽がだいぶ傾いてきたけど隣の「訪問者 5.10c」にも触っておくかととりつく。おう、意外といい感じ。デキル、デキルじゃーん、ん?あれ?はまった?結局僕2テン、ヨジさん1テンで抜けて終了。次回はぜひ。

上部はスクールモードの桃源郷とは全く違ったかなり「山度」の高い良いエリアでした。人も少ない(今回は他にソロの一人のみ)。次回はハイランド方面まで上がってみたいなー。それからアプローチは「一寸法師」のすぐ左奥から顕著なルート有り。こっちのほうがいいね。

帰りにしとど庵で鍋焼き蕎麦を再登。Nは親子丼。甘辛で「んまい!」それにしても歩いたなー。腿がはってるよ。

3 comments:

ewok said...

おつでございます。しとどもおつですな〜。
のりねーも行ってたんだ、Kもおいらも会いたかったな…

moviti said...

どもども恐縮です。
初めてのエリアってやっぱ楽しいですねー。
しとどってるとビール飲んでそのままコロンと泊まりたくなるのが難点。

ewok said...

森ぴかもね→コロンの危険性